株式会社ソフィアホールディングス

事業ハイライト

平成24年3月期 第1四半期

当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、3月11日に発生した東日本大震災に伴う甚大な被害に加え、その後の原子力発電所の事故やこれに伴う電力供給不足等により、先行きの読めない状況となっております。また、原油高の影響、海外経済の回復がさらに緩やかになること等により、景気が下振れするリスクも存在しております。このような経済環境の中、当社グループが属する業界におきましては、企業のIT関連投資に対する動きが抑制されるなど厳しい事業環境で推移いたしました。

このような事業環境のもと、当社グループとしましては、インターネット関連事業を行うソフィア総合研究所株式会社、情報システム事業を行う株式会社ソフィアモバイル、デジタルプロダクツ事業を行うソフィアデジタル株式会社、海外事業を行うSOPHIA ASIA-PACIFIC, LIMITEDの4社により各事業ドメインでの業容拡大を目指し積極的な事業活動を行うとともに、各種経費の見直し・削減に努め、厳しい状況を乗り越えるべく対応いたしました。
これらの結果、当第1四半期連結累計期間の業績としましては、売上高が467百万円(前年同四半期は834百万円)となりました。損益面におきましては、営業損失41百万円(前年同四半期は営業損失28百万円)、経常損失27百万円(前年同四半期は経常損失41百万円)、四半期純損失33百万円(前年同四半期は四半期純損失22百万円)となりました。

セグメントの業績は、次のとおりであります。
インターネット関連事業
インターネット関連のシステム開発及び運営支援、業務コンサルティング、データセンターの運用・保守等を行い、売上高は422百万円(前年同四半期は625百万円)となりました。

情報システム事業
デジタルサイネージ(映像や情報を表示する電子広告媒体)端末の販売、レンタル及び動画配信管理システムや市場開拓のコンサルティング等の提供、SIMフリースマートフォン販売を行い、売上高は40百万円(前年同四半期は13百万円)となりました。

デジタルプロダクツ事業
法人やコンシューマー(一般消費者)向けにネットデバイス(デジタル製品)の企画、開発、製造、販売を行い、売上高は3百万円(前年同四半期は197百万円)となりました。

海外事業
当第1四半期連結累計期間において、東アジア圏におけるIT事業の情報提供等、グループ会社に対する事業機会の提供、ビジネスの仲介業務等の取引成立はありませんでした。

連結財政状態に関する定性的情報

当第1四半期連結会計期間末における総資産は前連結会計年度末に比べ291百万円減少し3,077百万円となりました。これは現金及び預金の減少額322百万円、受取手形及び売掛金の減少額71百万円、投資その他の資産の増加額112百万円等によるものであります。

負債につきましては前連結会計年度末に比べ259百万円減少し1,260百万円となりました。これは支払手形及び買掛金の減少60百万円、短期借入金の増加額100百万円、社債の減少20百万円等によるものであります。
純資産につきましては、前連結会計年度末に比べ31百万円減少となり、自己資本比率は57.7%となりました。

事業ハイライト一覧へ戻る
株式会社ソフィアホールディングス
〒162-0822 東京都新宿区下宮比町2-26 KDX飯田橋ビル4階 アクセスマップ