株式会社ソフィアホールディングス

事業ハイライト

平成23年3月期 第2四半期

当第2四半期連結会計期間におけるわが国経済は、海外経済の改善や政策効果などを背景に、輸出関連を中心とした企業業績が回復しつつあり、企業収益の改善も見られるなど、景気は緩やかながら回復の兆しが見られました。 しかしながら、海外景気の下振れ懸念や株価の低迷、円高の進行により景気が下押しされるリスクも存在しており、先行きの不透明感が依然続いております。

当社グル―プが関連する業界におきましても、企業のIT関連投資の先送りや縮小等の動きは依然として強く、厳しい受注環境が続いております。 このような事業環境の中、当社グループでは、インターネット関連事業を行うソフィア総合研究所株式会社、情報システム事業を行う株式会社ソフィアモバイル、デジタルプロダクツ事業を行うソフィアデジタル株式会社、海外事業を行うSOPHIA ASIA-PACIFIC, LIMITEDの4社により、多様化する顧客のニーズに対応するためのサービス、企画及び開発等積極的な活動を行い、業容の拡大を目指してまいりました。

これらの結果、当第2四半期連結会計期間の業績は、売上高が764百万円(前年同四半期は621百万円)となりました。損益面は、営業利益100百万円(前年同四半期は営業損失34百万円)、経常利益99百万円(前年同四半期は経常損失49百万円)、四半期純利益97百万円(前年同四半期は四半期純損失99百万円)となりました。

セグメントの業績は、次のとおりであります。
インターネット関連事業
インターネット関連のシステム開発及び運営支援、業務コンサルティング、データセンターの運用保守等を行い、売上高は655百万円(前年同四半期は602百万円)となりました。

情報システム事業
デジタルサイネージ端末(naniポ!、nanicaシリーズ) の販売・レンタル及び動画配信管理システム、市場開拓業務のコンサルティング等を行い、売上高は15百万円(前年同四半期は24百万円)となりました。

デジタルプロダクツ事業
デジタル製品(ARecX6チューナーレコーダー)の販売等を行い、売上高は94百万円となりました。

海外事業
海外事業におきましては、当第2四半期連結会計期間において、事業機会の情報提供、ビジネスの仲介業務等の取引成立はありませんでした。

連結財政状態に関する定性的情報

当第1四半期末における総資産は前連結会計年度末に比べ178百万円減少し、3,152百万円となりました。これは、現金及び預金の減少額94百万円、投資その他の資産の減少額40百万円等によるものであります。

負債につきましては、前連結会計年度末に比べ154百万円減少し、1,402百万円となりました。これは、社債及び長期借入金の減少額45百万円等によるものであります。 純資産につきましては、前連結会計年度末に比べ24百万円減少し、1,750百万円となり、自己資本比率は52.9%となりました。

営業活動によるキャッシュ・フロー

当第2四半期連結会計期間において営業活動の結果獲得した資金は244百万円(前年同四半期は348百万円の使用)となりました。これは、税金等調整前四半期純利益、売上債権の増加額及び営業保証金の減少額が主な要因であります。

投資活動によるキャッシュ・フロー

当第2四半期連結会計期間において投資活動の結果使用した資金は37百万円(前年同四半期は1百万円の使用)となりました。これは、貸付による支出が主な要因であります。

財務活動によるキャッシュ・フロー

当第2四半期連結会計期間において財務活動の結果獲得した資金は83百万円(前年同四半期は79百万円の獲得)となりました。これは、短期借入金の借入による収入が主な要因であります。

事業ハイライト一覧へ戻る
株式会社ソフィアホールディングス
〒162-0822 東京都新宿区下宮比町2-26 KDX飯田橋ビル4階 アクセスマップ