株式会社ソフィアホールディングス

事業ハイライト

平成18年3月期 第3四半期

当第3四半期までの連結業績は、売上高1,736百万円(51.6%増)、営業損失58百万円(前年同期は営業損失248百万円)、経常利益36百万円(前年同期は経常損失244百万円)、四半期純損失9百万円(前年同期は四半期純損失253百万円)となりました。売上高は前年同期比約1.5倍となり、利益項目でも経常損益が黒字化するなど改善が進んでおります。

当第3四半期における総資産は、前連結会計年度末に比べ89百万円増加し、3,972百万円となりました。 主な増減項目は、現金及び預金の減少と投資有価証券の増加ですが、これは主に余剰資金の運用のために株式等を購入したことによるものです。

負債につきましては、前連結会計年度末に比べ6百万円増加し、973百万円となりました。主な増減項目は、支払手形及び買掛金の減少と繰延税金負債の増加でした。 資本の部は、前連結会計年度末に比べ82百万円増加し、2,999百万円となりました。主な増減項目は、資本剰余金の減少、利益剰余金の増加及びその他有価証券評価差額金の増加でした。

セグメントの業績は、次のとおりであります。
インターネット関連事業
情報システム事業では、㈱日本文字放送が平成18年3月末で株式番組放送を終了するため、その放送を情報源とする株価情報システムの販売を終了いたしました。これにより売上高は前年同期に比べて180百万円減少(69.7%減)し、78百万円となりました。

情報システム事業
インターネット関連事業では、100%出資子会社のソフィア総合研究所株式会社は、インターネット関連事業を行っております。平成16年12月に設立いたしましたので、前年同期(平成16年4月~平成16年12月)はまだ売上高がありませんでしたが、平成17年1月の本格稼動以降、事業は順調に成長しており、当四半期の売上高は424百万円となりました。

デザインオートメーション事業
デザインオートメーション事業では、売上高が前年同期に比べて347百万円増加(39.2%増)し、1,234百万円となりました。

事業ハイライト一覧へ戻る
株式会社ソフィアホールディングス
〒162-0822 東京都新宿区下宮比町2-26 KDX飯田橋ビル4階 アクセスマップ